dak Web

Webシステム【Q&A】システム化したのに作業が忙しくなっただけで、結果も出ないのはなぜ?

Webシステムは、Webマーケティングにかかせない強力なツールです。しかし、多くの方が使われないシステムを作ってしまうケースも多くあります。
多くの理由はシステム化はすべての作業を自動化する魔法の箱ではないことです。例えば情報の登録は簡単になっても、コンテンツの作成が簡単になるわけではありません。多くの人に見て読んでもらえるような魅力的なコンテンツには多くの人的労力や経費が必要になります。文章力(ライティング)や写真素材にプロのテクニックが必要な場合もあります。
そのようなことが理由で最初は更新されても日が経つほどに更新数が減り、結果使われないシステムになってしまうことがあります。つまりシステム化の成功の鍵は機械化することよりも人的リソースの運用プランに最初から見込んだ設計が重要になります。。
例えば、問い合わせフォームを例にとっても週に数件の問い合わせしかないなら、電話やメール対応で十分かもしれないということです。

Webシステム化は機械化ありきではなく、人的リソースの整理を含めた仕組化へ

Webシステムの3つの要素

効果のあるWebシステムグの3つの要素「更新システム」「情報システム」「データ収集」
  • CMS制作

    更新作業の効率化するにはすべてをシステム化しないこと

    ウェブサイトは更新して新しい情報を発信することが大切ですが、更新ありきのCMSを導入しても複雑で使いにくいシステムになるだけです。それは結果的に質の悪いページを量産するだけのサイトなります。

  • 需要にマッチした情報(データ)の見せ方

    需要にマッチした情報(データ)の見せ方

    顧客ごとに知りたい情報が一致しているわけではありません。Webシステムで状況の違う顧客に適した情報提供ができます。

  • BLOG制作

    ビックデータだけではない重要データ

    ユーザーの行動をビックデータとしても蓄積すれば興味・関心を導き出すこともできますが、それよりもアンケートなどで生の声を収集したほうがより効果的なデータが集まることも多々あります。

有効なWebシステムのポイント

見やすいウェブサイト

【データ収集】アンケートと行動分析で顧客ニーズをつかむ!

応募フォームは基本的には「問い合わせ」フォームですが、アンケートフォームに利用することで顧客の潜在的なニーズをキャッチアップできます。
また顧客が何に興味を持ち、何を要望しているのかは、ユーザーのサイト内の行動分析を行なうことでいろいろな情報をキャッチできます。
顧客の興味はページ、画像、ボタンへのアクションを分析することでニーズをキャッチすることができます。

探しやすいウェブサイト

【更新システム】更新頻度よりもコンテンツの質ありきになるシステムを!

ウェブサイトは公開後の更新が大切ですが、やみくもに更新しても期待する結果を得ることはできません。
「過度なシステム化」はコンテンツの質を低下させてます。「適度なシステム化」で必要な箇所のみをシステム化することが、結果的に利便性の高いコンテンツと運用を実現します。便利と思い多くの機能をシステムに盛り込むと、費用が大きくなるだけではなく、使われないシステムになる可能性を高めます。

認知されるウェブサイト

【情報システム】情報をどのような形で顧客に伝えるか

Webサイトの最大のメリットは情報(データ)を顧客の求める形で提供できることです。
多くの情報の中から目的の情報を検索したり、有効な情報順に並べ替えたり、情報の伝え方を変えることができます。

コンサルティング料金

Webコンサルティングについてはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

Copyright DESIGNALIKIE, Limited. All Rights Reserved.